復読のススメ


あなたはどのように読書をしていますか?

 

現在、複数の本を並行して読んでいます。

通常、並行して読書するときは2〜3冊。

今はわけあって5冊です。

 

多くの本を沢山読む多読を勧めている人もいますし、本の読み方はいろいろ。

かくいう私も、時と場合によって読み方も読む本数も変化しています。

柔軟に読み方を変化させつつも、変わらない読み方があります。

 

今回は変わらない部分の読み方をお伝えします。

 

論語と算盤』から学んだ普遍な軸

 

渋沢栄一の有名な本。

この本を読んだ当時、頭が開けた記憶がある。

どこでどう開けたのかはうる覚えですが、

 

一人でも多くの人に機会を提供しよう。

発展途上にエールを。

今後世を導くのは官ではなく民。

 

きっとそのような部分に感銘を受けたと思う。

 

起業したいと思う気持ちが重なった。

 

一方で、高ぶる感情以外で学んだ点。

それが志であり、人間学。

事上磨錬の姿勢で学び続ける態度も大切であり、普遍な軸/ぶれない芯が必要なんだと感心した。

そのために人間学は学び続けようと肝に銘じたのです。

 

特に共感するのは、世の中調和とバランスで出来てるから大事にしてこーって話。

 

人間学によるバランス感覚の養い方

 

先日、「新聞の読み方」なる記事を目にしました。

一面を必ず読みなさい。

興味あるものばかりに偏るのではなく、一面は世の中の大事なのだから、世の中に興味関心を持つ意味を含め、一面は必ず読みなさいと。

自分の興味関心事に偏る領域を持ちつつ、世の中の関心事に寄せていく領域も持つ。

興味あることを追求するのも素晴らしいですが、一方で世の中に興味も持たないといけない。

バランスが大事って話。

 

仕事とプライベート。

野菜と肉。

起きてる時間と寝てる時間。

肉体と精神。

動物と植物。

自然と科学。

 

人間学は人を通じて考え方を学ぶわけですが、基本を学ぶと応用も出来ます。

 

世の中、いろんなバランスで成り立っている。

そのバランス力を養う際に必要な、柔軟な思考対応力が身に付く。

脳筋が柔らかくなるというメリットもあるのです。

 

 

複読と復読

 

そんなこんなで冒頭に戻り、常に複数読書をしているのですが、、

何度も同じ本を読む復読をするのは決まって人間学だったりする。

 

読む度に、新しい本を読んでいる感覚に陥る。

同じ本を読んでいるのに、毎回飛び込んでくる内容が異なる。

きっと、今の悩みやこれからの課題、関心事にアンテナが立っているため。

 

小説や文学、哲学書も同様の現象は起こります。

しかしながら、同じ本を読んでいる中で、新たな発見をするレベルです。

 

論語とか、毎回新しい。

 

何度読んでも飽きないなぁ…としみじみ。

 

何度会っても飽きず、何度話しても面白く、どんな局面でもおおらかに、論語で問われるような人間にいつなれることやら…学び続けるのみですね。

今夜も反省会(と称した飲み)です。


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク