2017 村上国際トライアスロン〜当日・後編〜


2017 村上国際トライアスロン〜当日・後編〜

9:20エリート男子・9:35エリート女子スタート。

 

村上国際トライアスロンの醍醐味の一つ、エリート部門。

一般はエイジの部と言われ10:00スタート。

プロや実業団の方々はエリート部門にて事前にスタートする。

※一般が混ざると邪魔になってしまう。

プロの姿を身近に見られるのは刺激になる。

特に、波が荒れてても力強く泳ぐし、

トランジション(スイムからバイクへシフトする時)の速さとかハンパない。

 

エイジの部10:00スタート!!

一周1.5キロのほぼ直線折り返しコース。

東京体育館プールは50mなので、折り返して往復100m。

この海のコースは片道750mで、折り返して往復1.5km。

村上の海は非常に綺麗だが、スイム時は綺麗さよりも波の強さを感じる。

人数の割に幅も狭いためバトルになりやすい。

だからこそ、泳ぎきると自信につながる。

 

知人友人やブログで集めた情報では、

セントレアの1.9kmと村上の1.5kmでほぼ同じくらいのタイムになる模様。

 

いつも通り、泳ぎ始めは仰向けになって空を観て、

空の青さや広さを確認し(心を落ち着かせ)てから泳ぐ。

波に揺らされバトルにもなったが、無事泳ぎきった。

 

バイクスタート!!

海岸沿いを走るバイクは本当に気持ちが良い。

青い日本海を眺め景色を堪能しながらのバイクはあっという間。

数カ所の勾配のバランスもちょうど良く、決して退屈しないコース。

沿道の応援も暖かく、ほっこりしながら走りきる。

来年はもっと準備して爆走したい。

 

ランスタート!!

ランコースは、終盤の住宅街から特に応援が盛り上がる。

思わず50人以上の沿道の方々とハイタッチ。

暑いため辛くはあるが、楽しむことができた。

 

給水所は1キロ毎に設置され、水分不足になることはなし。

ただし水のみのため、塩分やクエン酸等の諸補給は準備するのが良い。

今回用意したのは「かむかむ梅」

実際、足をつった方に分けたら喜んでくれた。

 

***

 

感動したのが、沿道の方が応援の仕方に困っている場面に遭遇したこと。

 

「がんばれー!!

あ、でももう頑張ってるよね。なんて応援したらいいのかしら…etc」

 

なんて素敵な方々なんだろう。。

ちょっと泣きそうになった。。

 

1200人の参加者に対して、800人の地元ボランティアが協力。

加えての沿道の声援。

 

ゴール後はカレーやお酒をはじめとするドリングが振る舞ってくれる。

タオルもくれるしシャワーも浴びれる。

レース開始からゴール後まで村上を五感で堪能できる。

最高な大会だった!

 

一緒に行ったメンバー、大会関係者、ボランティア、沿道の皆さま、

本当にありがとうございました!

 

レース後はチェックアウト済ながら、宿の温泉を利用させて頂きました。

おかげで癒されました。

ありがとうございました!!

 

来年も絶対行きます!!

※抽選だけど…orz


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: オススメ, トライアスロン タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク