真剣さを常態化するために


※写真は金沢21世紀美術館のプールの下から撮ったもの

真剣さを常態化するために

村上トライアスロンで気づいたこと。

 

村上トライアスロンを終えて、東京体育館プールへ。

不思議と身体が動き、気持ちよく泳いでいた。

 

白須コーチが僕の泳ぎを見て、

「身体の使い方が上手くなってますね。

村上は良いレース展開だったのですか?」

 

当日の身体と対話して、体調良くないなりに出し切った旨を伝えると、

 

「それは素晴らしい。底力がついた証拠ですね。」

 

***

 

トライアスロンは、スイムで亡くなる人もいる。

慣れるほどに事故につながることも。

だからこそ、常に注意を怠ることはできない。

体調が良くない時はなおさらだ。

 

今回は、すでに経験したことのあるレース(オリンピック・ディスタンス〔swim1.5km/bike40km/run10km〕)だったが、いつも以上に神経を研ぎ澄ませて全力で挑んだレースだった。

自己判断で参加したため事故らぬように。

 

この真剣な取組みのおかげで、すでに経験したレースを有益な体験にしてくれたのだ。

 

今この瞬間を真剣に生きる、中今思想で生きるとはこれだと実感。

難しいこと頭の中で考えずとも、気づいたら成長しているのだ。

 

中今の常態化・再現性を確立するために。

 

日常の中で、このヒリついた状態を保つのは難しい。

いつも「死」と隣り合わせってことになる。

言葉ではわかっても、容易くできることではない。

 

では、イマできることはなんだろうか?

一つは、トライアスロン・レースに継続出場すること。

今後は、あのレース出たことある…ではなく、

毎年出てますって言えるように村上はマーキングしよう。

 

とはいえ、

トライアスロンは参入障壁が高いと思われがち。

(実はそんなことはないのだが…。)

そのため、常態化に関して仕事の話で一般化したい。

 

実は、

仕事でも真剣勝負を実践している。

 

それは、

だれかれ構わず人や企業に会うのを辞めたこと。

 

つまり、

支援したい人、支援したい企業(チーム)に対する全力支援。

 

突き詰めると人に行き着く。

 

この人にために!!

この目標実現のために!!

この未来貢献のために!!

 

と感じることで、中今思想で生きることができる。

自分に向けたベクトルの底は知れている。

 

自らがどんな人になって、

どんな人たちと共に、

誰のために、

どんな世の中を実現したいのか?

 

日々考えて実践していると、

自ずとなあなあではなく真剣になる。

 

とか言って、夜にラーメン食べちゃったけど。

結局自分に対してまだまだなあなあ…orz。


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: オススメ, トライアスロン タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク