アイアンマン/トライアスロン・ロング向けエネルギー対策


昨晩は今週末アイアンマンレースの決起会をしました。

備えていたつもりでしたが、情報を共有した際、まだ足りないものも沢山ありました。

今後アイアンマンはじめ、はじめてトライアスロン・ロングに出る方向けにエネルギー対策を共有させて頂きます。

 

エネルギー切れを無くす

 

想定していたエネルギー用のジェルやエナジーバーでは足りてませんでした。

これでもかって位皆買っていました。

image

バイク向けだけで30分毎にひとつ注入できるように、20個以上らしいです。

実際使うか別として。

こちらの写真見せられビックリしました。。

 

ドリンクボトルはバイクに二本常備。

うち一本は捨てても良いボトル。

スペシャルバッグに入れるドリンクボトルを別にもう一本用意。

念のため、DHバーに取り付けられるエアロドリンクを追加。

 

お尻対策

 

ロードバイクは180㌔、約7〜8時間もロードバイクに乗る予定。

100㌔以上走るとお尻は悲鳴をあげる。

トライスーツにもマットは入っているが、明らかに厚みが足りない。

確かにセントレアの90㌔でもお尻は悲鳴を上げていた。

バイクジャージ/お尻マットが厚めのもので今回は臨むことに。

 

トイレ対策

 

ワンピース型のトライスーツはトイレに行きにくい。

オリンピックディスタンスではトイレに行かずゴールまで走りきれるが、ロングは途中でトイレに行くこと前提。

上下セパレートのジャージの方が何かと小回りが利く。

トランジションで着替えつつ、バイクとランは別のユニフォームで行くことになる。

 

まとめ

 

経験者や周囲の方々との情報交換はマスト。

大変助かりました。

 


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: トライアスロン タグ: , , , パーマリンク