評価軸を自分の中に設ける意味とは?


0169_original

評価軸を世間ではなく自分の中に設けることが大事、

周囲に評価をされる転職の続き。

 

どこに転職しても上手くいかない問題

 

上手く転職する人とそうでない人がいる。

上手くいかない人は、評価軸が自分の中ではなく世間にあるため、どうしてもブレてしまう。

 

世間に評価軸があるというのはどういうことか。

それは、結果ばかりを気にするということ。

結果というのは、世間の声である。

 

もちろん、世間の声を気にすることは大事。

真摯に意見をくれる人もいるため、耳を傾ける必要はある。

しかしながら、ここでいう世間の声は人の目の意なので、囚われ過ぎる必要はない。

 

結果に囚われ過ぎると失敗できなくなる。

失敗できなくなると挑戦できなくなる。

挑戦できなくなると行動できなくなる。

 

単なる悪循環でしかない。。

 

評価軸を自分の中に設ける意味とは?

 

自分で自分の評価ができるようになると、結果だけに囚われなくなる。

 

例え失敗しても、ナイスチャレンジ!と思える。

失敗を糧に、次こそは!と思える。

 

例えばトライアスロン。

仲間達が色々なレースに出る。

FBを通じて報告してくれる。

過酷なレースに向けてしっかり準備してゴールする姿に感動するし、刺激をもらう。

例えゴールできなかったとしても、果敢に挑む姿に感動するし、刺激をもらう。

 

あー、、、何やってるんだ、、、って凹むことはあっても、凹みすぎることはない。

努力した分だけ自分を褒めてあげることができる。

足りてない分だけ反省することができる。

 

つまりは、着眼点が過程に向けられる。

これこそ自分の中に評価軸を設けられた証。

これこそ好循環を生むポイント。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

切り口は異なるが、過程に目が向けられるようになった話↓

【関連記事】

仕事の悩みの本質と解決法、ときどきヘッドハンター

第三者だからできるコト/介在価値について

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■随時承っております。
就職・転職・起業個別コンサル

学生向け就職セミナー、転職セミナー、エージェント向けセミナー、起業セミナー

ヘッドハンター直伝「すべらない職務経歴書」の書き方
〜3年で収入を1.5倍にするキャリア形成法〜

■お問い合わせ
個別相談、各セミナー、人事コンサルのお問い合わせ→お問い合わせフォーム


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: キャリア論, トライアスロン, ビジネススキル, 大学生/就職活動, 社会人/転職活動 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク