さすてなびりてぃ


さすてなびりてぃ

持続可能性(sustainability)を考える。

 

友人曰く、

 

ビール大好き。

でもお腹が膨れて量が飲めない。

 

サワーはいくらでも飲める。

でも酔わない。

 

ワインはいくらでも飲めるし酔う。

でも次の日残る。

 

日本酒は短時間でも酔える。

でも、次の日再起不能になる。

 

サクッと飲んである程度酔いたいが、次の日は残したくない。

それがウィスキーだと。

 

***

 

ガス抜きによるストレスマネジメント。

休みや余暇によるセルフマネジメントやプライベートマネジメント。

運動はフィジカルマネジメントや健康管理。

 

マネジメントはいろいろあるが、

とどのつまりは持続性を如何に担保するのか。

 

例えば、朝9時に出社すること。

 

社員一人一人に寄り添うと満員電車はストレスだけど、

会社の経営の観点では、9時出社してくれると楽。

一括管理できる。

一人一人別行動されると管理が面倒。。

 

SFDC(by セールスフォース)のような案件進捗管理・意思決定ツールも、

営業一人一人の入力は楽ではないけど、経営(マネジメント)の観点では楽。

 

終身雇用や新卒一括採用も、経営の観点では楽。

※ここでの楽は合理的の意。

 

シンプルに考えると、

会社に勤めるってことは、経営の観点で作られたルールに従うことが求められる。

好きなルールもあれば、好きになれないルールもある。

好きになれない場合は、

好きになる努力をするか、

我慢して働くか(友人はウィスキー推し)、

会社をやめて外に出るか、

会社をつくるか…etc

 

結局、どのルールの中に身を置いていたいのか?

これに尽きる。

 

自分の持続可能性を追求する。

 

自分が自分らしくあるために、

自分を持続させるルールを考えると奥が深くて面白い。

 

ハワイで住みたいって言ってた友人。

アーリーリタイアを実現させた。

いざ住んでみると何もしないのは暇だという。

→たまにハワイに変更。

 

田舎で暮らしたいって言ってた友人(都会育ち)。

ごちゃごちゃした都会がストレスだと言っていたが、

いざ田舎に住んでみると変化がないことがストレスだという。

→都会と田舎の二つの暮らしに変更。

 

外資で働いている友人。

面白いって人もいれば、そろそろ疲れたって人もいる。

 

ライフステージによって価値観もシフトするため、

永久に持続可能なルールなど存在しないけど、

常に意識して考えていると、

ルールに踊らされるのではなく、

必要に応じてルールを操ることができる。

 

暑い時はエアコンをつけ、

寒い時は暖房をつけるが如く。

 

お酒の楽しみ方、

仕事の楽しみ方、

暮らしの楽しみ方、

人生の楽しみ方もいろいろ。

 

ルールに踊らされてるともったいない。

自分の持続可能性を追求し、

マイルールを創って人生を踊ろう!

 


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: オススメ, 仕組み, 社会人/転職活動 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク