2017 村上国際トライアスロン〜当日・前編〜


2017 村上国際トライアスロン〜当日・前編〜

10:00スタートだからしっかり朝食を食べよう。

 

前日の宴の影響もなく(?)6時半起床。

尾形さんは早起きしてひとっ走りしてきた模様。

瀬波温泉に入ってから7時に宿の朝ごはん。

 

大会当日、ご飯は2杯食べるようにしている。

炎天下での競技でエネルギー切れを避けるためだ。

夏の練習時、前夜と当日朝の食事を疎かにしたことでハンガーノックになった。

同じ過ちはしないように。

 

と思っていると、正面に座っている中村さんは殆ど食べていない…。

豆腐と梨をかじる程度、、、朝食べると胃がもたれて調子を崩すそうだ。。

 

人それぞれタイプがある。

人の数だけ諸説あり。

※写真は宿の朝食。

 

スイム練習(試泳)は8:45まで。

 

 

天気は快晴、絶好のレース日和。

ご機嫌すぎて、永井さんがウェットスーツを裏表逆に着ている始末。。

この100万ドルの笑顔には癒されずにいられない。

 

しばらくスマホの待ち受けにしようかな。

ロバート・デ・ニーロにしか見えない。。

 

とはいえ、油断は禁物。

自分のペースを守り、やるべきことはやろうと試泳に。

8:45までに試泳を終わらせなければ。

 

本番前に海に入るメリットは二つ。

・安心感が増す点。

・当日の諸コンディション確認。

 

もちろん、厳密には切り分けはできない。

ソフト面(安心感)とハード面(諸コンディション)双方は連動しているからだ。

しかしながら、

はっきりしていることは、この準備一つでパフォーマンスが激変する。

 

まず、当日の海のコンディションは入らないとわからない。

海水の温度、透明度、波の状態…etc.

特に、波が高くウネリがあると心の準備が必要になる。

 

また、自身の体調もわかる。

特に、今回風邪気味だったこともあり、自分の体と会話するべく試しに泳ぐ。

腕が重い場合は、腕に頼らない泳ぎを。

首が痛い場合は、ヘッドアップ少なくて良いコース取り(ポジション)を。

どこが軽くて調子が良いのかも確認。

 

当日は大会の雰囲気による高揚感があるため、意外と気づきにくいのだ。

溢れてくるアドレナリンをかいくぐって自身と対話。

 

僕はまだまだなのだが、

こうした事前準備含むマイルールが洗練されてくると、

パフォーマンスがぶれなくなるし、引き際がわかる。

 

体調の良し悪しも自己責任。

何かあった時に言い訳して済むうちは良いが、

いつ取り返しのつかないことが起こるかわからない。

 

「よし、今日は何とかできる。」

 

試泳を終えて安心しているところに、中村さんと遭遇。

 

あれ?

中村さんはウェットスーツを着ていない。

 

試泳しないですか?と尋ねると、

痩せていて体が冷えるから試泳はしないのだと。。

スタートまでの待ち時間に体を冷やす方がコンディションに響く模様。

 

人それぞれタイプがある。

人の数だけ諸説あり。

 

自分を認識した上で、自身のスタイルを構築し、壊しては再構築する。

キャリア形成(個)や事業(企業)にも通ずる。

 

「事業をやる(起業する)ならトライアスロンをやれ」

 

尊敬する人生のパイセンに言われた言葉の深みは計り知れない。


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: オススメ, トライアスロン タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク