輪行派?配送派?トライアスロン・ロードバイク配送手段に関して。


packing01

今日は北海道洞爺湖アイアンマンレース向けにロードバイクを配送しました。

今回利用させて頂いたのは西濃運輸。

前回のセントレア・ミドルのときも西濃運輸。

その前の石垣島トライアスロンは輪行。

二年前の館山のトライアスロンはアスロニアの配送サービス

 

今後使い分けられるように、其々のメリットデメリットをお伝えします。

 

ロードバイク輪行トラベルバッグ

 

前提として、ロードバイク向けの輪行袋に関して。

近場輪行の際は、TIOGA(タイオガ)コクーンといったペラペラの輪行袋ですが、

今回は、遠出を前提としたトラベルバッグに関してです。

 

僕が使っているのはOSTRICH。

OSTRICH(オーストリッチ) OS-500トラベルバッグ [ブラック]

実は、とてもコストパフォーマンスが良い。

お勧めポイントは、電車や新幹線といった陸路だけでなく飛行機での空路もイケる点。

また、折り畳むとコンパクトなので駅のロッカーにも入るし、部屋に置いててもスペースを取らない。

ちょっとした輪行から遠出まで、国内であればこのバッグで安心。

懸念点は、DHバーをつけるとバイクが入らない点。

DHバーを外すとせっかくセッティングしてもらった位置がずれてしまうから気にしてました。

ところが、DHバーは外さずにハンドルのフロント部分を外せば問題なく入りました。

結論、コスパ最高。

 

海外のレースを見据えるのであれば、SCICON(シーコン) エアロコンフォートプラス トライアスロン キャスター付き輪行バッグ

キャスターがあるため、空港での移動も楽チン。

バイクをしっかり固定して運ぶことが出来るので安心。

日本の航空会社は親切かつ丁寧なので、荷物の中身が壊れにくい。

でもこれは決して当たり前ではない。

国内と同じ感覚で海外向けに配送すると大事なバイクやパーツが壊れてしまうことも多々あるようです。

国内利用だけでは少し高く感じるけど、安心料が欲しい方はお勧め。

難点は、価格が高く、部屋に置く際幅を取ること。

 

もう一つ、空港で良く見かけるBOXタイプ。

ACOR(エイカー) バイクポーターバッグ。

過去にレンタルBOXで利用しましたが、そのときは開口部をガムテープでぐるぐるまきにしました。

レンタル時は配送のことは気にしませんが、空港で荷物の中身を確認されるとき、ガムテープを外して中身を見せなければいけません。

ちょっと手間ですよね。。

 

配送手段

 

西濃運輸/カンガルー自転車イベント便

 

前回に引き続き、今回も利用させて頂きました。

こちらは主に二つのサービスがあります。

ひとつは西濃運輸が貸し出してるレンタルBOXを利用して配送してもらうパターン。

もうひとつは自分の輪行袋に入れて運んでもらうパターン。

今回後者を利用。

 

運輸というだけあって沖縄、北海道でも陸路をつかうため、ガス缶も大丈夫です。

飛行機だと気圧の関係でタイヤの空気を少し抜いておく、ガス缶は運べない等の空路ならではの事情が生じますが、陸路だと心配無用です。

比較的、予約がいっぱいになることがないのも良いところ。

難点は、アスロニアの配送サービスに比べ、荷物回収時期が早い点。

陸路のため時間がかかる。

ギリギリ直前まで練習していたいヒトはアスロニアがお勧め。

 

アスロニアの配送サービス

 

実は今回アスロニアで御願いしようと思っていたら、予約いっぱいになってしまいました。

御願いしようと思った理由は、バイクを所定の場所や店頭に持っていくだけでOKな点。

解体組み立て作業がないため、圧倒的に楽。

微妙なポジションのズレや移動中のバイクやパーツ損傷の心配が要らない。

特に、レース後ふらふらになりながらパッキングするのはしんどい…。

今回アイアンマン・ロングで身体はぼろぼろになることが予想されるため、こちらを利用しようと思ったのです。

最終便が大会一週間前までなので、直前まで練習が出来ます。

西濃運輸に比べると価格は割高になります。

利用したいときは、ゆとりをもって事前予約しましょう。

 

輪行

 

日本国内であれば輪行はお勧め。

状況によって配送サービスは利用可能ですが、輪行できると何かと便利です。

大人の運動会、ピクニック感も出るので面白いです。

 

前回西濃運輸は使いましたが、輪行バッグにパッキングするまでは自分で行います。

今回、改めてパッキングしたのですが、スピードが格段に上がりました。

予期せぬところで上達を体感できて思わずニヤニヤしてしまいました。

 

輪行できると行動範囲も広がるためお勧めです。

輪行しながら旅行とか最高ですよね。

 

packing04

 

パッキングのコツ

 

コツはカテゴリー別に袋に入れること。

事前に配送する場合は、中身を忘れないように写真を撮っています。

何をどこに入れたのか、忘れないために。

また、後々足りないものに気付くことが出来ます。

 

レースに向けた心構え

 

僕のように直前に色々と焦って運動したくなるタイプは、実際直前にばたついて体調を崩すヒトも少なくありません。

追い込み過ぎて、体力が回復しないままレースに臨むヒトも同様です。

今回はアスロニア利用できませんでしたが、逆に諦めがついて良いと思いました。

直前であがいても仕方ないので、焦らずに持っているモノを100%発揮できるよう努めることにします。

しっかり完走目指しますが、完走できなくても、できるまで挑戦するという心構えで。

最近レース毎に不慮の事故で亡くなられている方、ケガをされている方がいるため、気負い過ぎは良くないと思うのです。

挑戦することを楽しみながら、全力でレースに臨みたいと思います。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

バイク180㌔大丈夫かなぁ…。

 

【関連記事】

行動が不安を制する

【人気投稿記事】

ヘッドハンターなのに不動の一位はロードバイクネタ。。↓

ロードバイク・ロングライド向けハムストリングの使い方

ロードバイク/ホイール交換/DURA ACEの効果

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■随時承っております。
就職・転職・起業個別コンサル

学生向け就職セミナー、転職セミナー、エージェント向けセミナー、起業セミナー

ヘッドハンター直伝「すべらない職務経歴書」の書き方
〜3年で収入を1.5倍にするキャリア形成法〜

ヘッドハンター直伝
「年収1,000万円を目指す人が確実に年収1,000万円を実現するための就転職講座」

■お問い合わせ
個別相談、各セミナー、人事コンサルのお問い合わせ→お問い合わせフォーム


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: トライアスロン タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク