覚悟の示し方


 

 

先日、Aさんとの会話の中でふと気付かせて頂きました。

 

Aさんの悩みは、覚悟って何だろうって話。

 

自分なりにはそれなりの覚悟があるつもり。

腹も括っているつもり。

でも、周囲からすると、足りないレベルと思われている。

何が足りないのだろうか?

というもの。

 

先日、はからずとも覚悟の話をブログでさせて頂きました。

気持ちや意気込みって視覚化、言語化しにくいし、言語化すれば伝わるとも限らない。

 

抽象的な話として、覚悟って大事ですよねーって話は出来るのですが、、、

実際どんなときに覚悟を感じられるのでしょうか?

 

今回は実体験に基づいてお伝えしたいと思います。

 

覚悟が足りない編

 

達成出来なかったアイアンマンレース完走。

自分なりに練習をしていたのですが、周囲の完走メンバーからすると圧倒的に足りてませんでした。

自分なりに頑張るっていうオナニズム。

※詳細はこちら

だから、Aさんの言い分分かるなぁって共感しました。

 

大事なのはそれから。

で、実際どうなりたいのか?

 

Aさんでいえば、周囲に認めてもらいたいのか?

認めてもらわなくてもいいのか?

僕で言えば、アイアンマンになりたいのか?どうなのか?

 

こうした場合、答えは出ている。

自分が逃げていることを本当は知っている。

ただちょっと共感して欲しかっただけ。

本当に腹を括っている側からするとイラっとするんでしょうけど。

だいたいはこのパターン。

やる気があるだけ良し。

モチベーションのあげ方を性格毎に合わせれば次のステージへ行くことができます。

 

覚悟感じました編

 

現在、転職支援の仕事/ヘッドハンターをさせて頂いてます。

大変有り難いことに周囲に協力してくれる方々が多く居ます。

二年前の話ですが、採用企業側の経営者と現場のチームの意向を共有頂いていたので、共感させて頂き、お手伝いをさせて頂きました。

めでたくも、採用に至るわけです。

今後もこの調子でって良い流れ。

 

御祝いを兼ねた決起会。

弊社は毎回御祝いに食事をさせて頂いてますので、こちらが全て持たせて頂きます。

一方、日に日にそのチームメンバーの方々と食事の機会が増えていきます。

 

おれのおかげだろ?だから驕るのは当然だろ?

 

もしかしたらどこかでそんな風に思われたのかもしれません。

 

とてもお世話になったので、感謝の意を示しつつ、

「経営やチームのためになると思い、精一杯ご支援させて頂きましたが、単なるゴチ要員であれば今後は弊社を介さず結構です。人から企業や日本を変えていく、そんな社会の礎になりたくて誇りと覚悟をもって起業してこの仕事をさせて頂いてますので。あのとき共感させて頂いたあの想いは今はお持ちではないのですか?」

大事なお客様でしたので、契約が切れるのは痛いと思いつつ、譲れない気持ち、こちらの覚悟をそのままぶつけさせて頂きました。

 

すると、なんということでしょう。

 

「ガッハッハッハッハッハー。」

 

豪快に笑ってみせたあと、

 

「大変申し訳ございません。本当に失礼致しました。」

 

深々を御詫びをするではありませんか。

 

「板橋さんは他の方とは覚悟が違いますね。この年になって自分に何かもの申す人はなかなかいないんですよ。自分の若い頃を思い出しました。」

 

その後、色々な企業のキーパーソンや他社の知人、その方の有する人的ネットワークを惜しげも無く提供してくださいました。

 

 

気に入られることばかり考えていると、ご機嫌をとることに注意が向いてしまいがち。

本気を示すこと、ぶつかり合うことが、ときには良いこともあるのでしょう。

今でも大の恩人です。

その方の懐の深さに感謝ですね。

 

捨てる覚悟

 

譲れないものがあるからこそ、捨てても良いと覚悟を持って語れたのだと思います。

「捨てる覚悟」って言葉だけ一人歩きしがちな昨今ですが、大切なのはストーリー。

言葉だけでなく、ストーリーを体感してくださっていたからこそ、本気度合いが伝わったのではないでしょうか?

 

あなたのストーリーはいかがですか?

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

そろそろ村上トライアスロン向けに準備開始です。

痛めていた肩も上がるようになってきました。

【関連記事】

『ドラゴン桜』三田紀房氏から学んだ構造を捉える目的とは?

キャリアの差別化を考える/若いとき横並びだったのにどこで差がつくのか?

【人気投稿記事】

ヘッドハンターなのに不動の一位はロードバイクネタ。。↓

ロードバイク・ロングライド向けハムストリングの使い方

輪行派?配送派?トライアスロン・ロードバイク配送手段に関して。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■随時承っております。
就職・転職・起業個別コンサル

学生向け就職セミナー、転職セミナー、エージェント向けセミナー、起業セミナー

ヘッドハンター直伝「すべらない職務経歴書」の書き方
〜3年で収入を1.5倍にするキャリア形成法〜

ヘッドハンター直伝
「年収1,000万円を目指す人が確実に年収1,000万円を実現するための就転職講座」

■お問い合わせ
個別相談、各セミナー、人事コンサルのお問い合わせ→お問い合わせフォーム


tsutomu について

1978年、兵庫生まれ、横浜育ち。 受験浪人時代(二浪)に訪れた東南アジア訪問を機に人生観に変化。 2003年東京外国語大学外国語学部東南アジア過程ビルマ語学科卒業後、Cisco Systemsに入社。 キャリア法人(ソフトバンク、NTTデータ等を担当)向けサービスの主に新規ビジネスを担当。 社内では新卒採用支援や社内メンター制度の企画提案実施。 2010年、SBI大学院大学MBA取得、翌年、第二回SBIビジネスコンテスト、優秀賞特別賞受賞。同年GCDF(キャリアカウンセラーの資格)取得。2011年、Cisco Systemsを退職した後、2012年、IT Business Salon,Inc(ITBS)起業/設立。 現在は表参道のシェアオフィスportalpointにて、外資及びIT業界向け就転職支援及び人材育成に関わるコンサルタント業務を手掛ける一方、文明塾16期・Teracoyaみらい代表を務め、ミャンマー人就労支援及び高田馬場にて国際地域創生を手掛けている。
カテゴリー: キャリア論, トライアスロン, ビジネススキル, 社会人/転職活動 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク